増税後の還元キャンペーン

2019年の10月から一斉に食料品以外は10%の消費税となり、我が家計も徐々に10%の負担感を感じています。だって、100円ショップに行くと、日用品が110円(税込み)になるんですもの。消費税3%時代が本当に切なく、懐かしい。しかし一方で政府もずる賢く増税後の半年の期間は還元セールを出してキャッシュレス社会を一層進めようという狙い。私も以前より増して、キャッシュカードで買いものする割合いが増えたように感じます。だって、2%や5%の還元、小さな額と言えども積もれば結構な値段となって積み重なります。私がよく利用するドラッグストアや食料店は、5%還元の立て旗がなびいています。1000円の買い物をキャッシュレスだと50円の還元、つまり950円で買い物した計算となります。うーん、還元率は侮れない。しかし全ての店舗で一律キャッシュレスキャンペーンをしているわけではないので、見極めが重要。大手のスーパーなどは従来通りですし、個人商店でも取り扱っていないことも多い。上手く、店を選び出し日常の買い物に入れ込んでいき、還元を漏れなく頂けるかが、主婦の狙いでもあります。またネットでの買いものは結構な確率で還元が多いのもメリット。この半年間で還元をいかにお得に過ごすかが、主婦のマネー、定番テーマとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です